top of page
  • Body Leap 相原

体脂肪率と体重は別物!引き締まった美しい身体を作る方法

こんにちは!

岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジムの相原です。


今回は、体脂肪率と体重の違いや、体脂肪率を落として引き締まった美しい身体を作る方法についてお話しします。



体脂肪率と体重の違いとは?

体脂肪率とは、体重のうち、どれだけが脂肪として蓄積されているかを表す指標です。一方、体重とは、体の全ての部分(骨、筋肉、内臓、水分など)の重さの合計です。つまり、体脂肪率と体重は、体の構成要素の違いを示すもので、別物なのです。

では、なぜ体脂肪率と体重の違いを知ることが大切なのでしょうか?それは、ダイエットの目的や方法によって、体脂肪率と体重の変化が異なるからです。例えば、食事制限だけでダイエットをすると、体重は減りますが、体脂肪率はあまり変わりません。なぜなら、食事制限だけでは、筋肉も減ってしまうからです。筋肉は脂肪よりも重いので、体重は減っても、体脂肪率は高いままということになります。このように、体重だけを見てダイエットの成果を判断すると、誤解を招くことがあります。

逆に、筋トレをしてダイエットをすると、体重はあまり変わらないか、増えることもありますが、体脂肪率は減ります。なぜなら、筋トレをすると、筋肉が増えて脂肪が減るからです。筋肉は脂肪よりも重いので、体重は変わらないか増えても、体脂肪率は低くなるということになります。このように、体脂肪率だけを見てダイエットの成果を判断すると、正しい評価ができます。




体脂肪率を落とすための効果的な方法とは?

では、体脂肪率を落とすためには、どのような方法が効果的なのでしょうか?答えは簡単です。食事と運動のバランスをとることです。食事と運動のバランスをとることで、体の代謝を高めて、脂肪を燃焼させることができます。具体的には、以下のようなポイントに注意しましょう。

食事のポイント

  • カロリーの摂取量を適切にコントロールする。一日のカロリーの摂取量は、基礎代謝(体を動かさなくても消費するエネルギー)に運動量に応じた消費カロリーを足したものよりも少なくすることが目安です。しかし、あまりにもカロリーを減らしすぎると、体が飢餓状態になって、代謝が低下してしまいます。そのため、一日のカロリーの摂取量は、基礎代謝の80%以上にすることが推奨されます。

  • たんぱく質をしっかり摂る。たんぱく質は、筋肉の材料となる栄養素です。筋肉が増えると、基礎代謝が上がって、脂肪が燃焼しやすくなります。また、たんぱく質は、消化に時間がかかるので、満腹感が持続しやすく、食欲を抑える効果もあります。一日のたんぱく質の摂取量は、体重の1.5~2.0gにすることが目安です。たんぱく質が豊富な食品としては、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などがあります。

  • 糖質を適度に摂る。糖質は、体のエネルギー源となる栄養素です。糖質が不足すると、体は脂肪をエネルギーに変えることができません。そのため、糖質を全く摂らないと、体脂肪率が下がらないどころか、筋肉も減ってしまいます。しかし、糖質を過剰に摂ると、余った分が脂肪として蓄積されてしまいます。そのため、糖質の摂取量は、適度にコントロールすることが大切です。一日の糖質の摂取量は、体重の2~3gにすることが目安です。糖質が多い食品としては、米、パン、麺、果物、お菓子などがあります。

  • 脂質を賢く摂る。脂質は、体の細胞やホルモンの構成要素となる栄養素です。脂質が不足すると、体の機能が低下してしまいます。また、脂質には、体脂肪率を下げる効果があるものもあります。例えば、オメガと呼ばれる不飽和脂肪酸は、血液の流れを良くして、脂肪の燃焼を促進します。オメガ3脂肪酸は、魚油や亜麻仁油などに含まれています。オメガ6脂肪酸は、ナッツや種子などに含まれています。オメガ9脂肪酸は、オリーブ油やアボカドなどに含まれています。これらの脂質は、一日の脂質の摂取量の約半分を占めるように摂ることが望ましいです。

  • 一方、トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は、体脂肪率を上げるだけでなく、動脈硬化や心臓病のリスクも高めるので、できるだけ避けるようにしましょう。トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングなどの加工油に含まれています。飽和脂肪酸は、バターやラードなどの動物性油や、ココナッツオイルなどの植物性油に含まれています。これらの脂質は、一日の脂質の摂取量の約10%以下に抑えることが推奨されます。

  • 一日の脂質の摂取量は、体重の0.8~1.0gにすることが目安です。脂質が少ない食品としては、野菜やきのこなどがあります。



運動のポイント

  • 筋トレと有酸素運動の両方を行う。筋トレは、筋肉を増やして基礎代謝を上げる効果があります。有酸素運動は、心肺機能を高めて、脂肪を燃焼させる効果があります。筋トレと有酸素運動の両方を組み合わせることで、体脂肪率を効率的に下げることができます。

  • 筋トレは、大きな筋肉を使うものを選ぶ。大きな筋肉を使う筋トレは、消費カロリーが多く、筋肥大効果も高いです。大きな筋肉とは、背中、胸、腹、太ももなどの部位の筋肉です。これらの筋肉を使う筋トレとしては、スクワット、デッドリフト、ベンチプレス、ラットプルダウンなどがあります。これらの筋トレは、週に2~3回、1セット10~15回、3~4セットを目安に行いましょう。

  • 有酸素運動は、強度と時間を調整する。有酸素運動は、強度と時間によって、消費カロリーと脂肪燃焼の割合が変わります。強度が高い有酸素運動は、消費カロリーが多く、筋力や持久力の向上にも効果的です。しかし、脂肪燃焼の割合は低くなります。強度が低い有酸素運動は、消費カロリーが少なく、筋力や持久力の向上にはあまり効果的ではありません。しかし、脂肪燃焼の割合は高くなります。そのため、有酸素運動は、強度と時間を調整して、自分の目的に合わせて行うことが大切です。一般的には、強度が高い有酸素運動は、週に2~3回、20~30分、強度が低い有酸素運動は、週に3~4回、40~60分を目安に行いましょう。

  • 有酸素運動は、自分の好きなものを選ぶ。有酸素運動は、自分の好きなものを選ぶことで、楽しく続けることができます。有酸素運動としては、ジョギング、サイクリング、スイミング、ダンスなどがあります。自分の体力や好みに合わせて、自分の好きなものを選びましょう。



岡崎市のBody Leapパーソナルジムでダイエットを成功させよう

以上、体脂肪率と体重の違いや、体脂肪率を落とすための効果的な方法についてお話ししました。いかがでしたか?体脂肪率を落として、引き締まった美しい身体を作るためには、食事と運動のバランスをとることが大切です。


Body Leapパーソナルジムは、完全個室のパーソナルジムで、体脂肪率を落とすためのオーダーメイドのトレーニングプランを提供しています。トレーナーは、ダイエットのプロです。体型や目標に合わせて、最適な食事と運動の指導を致します。また、ジムは、完全予約制で、他のお客様と顔を合わせることはありません。プライベートな空間で、自分のペースでトレーニングできます。さらに、ジムは、岡崎市の緑丘にあり、アクセスしやすく、広々とした駐車場も完備してあります。

Body Leapパーソナルジムで、あなたも体脂肪率を落として、引き締まった美しい身体を手に入れましょう。初回カウンセリング無料で受けられます。この機会に、ぜひお試しください。



岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジム 代表トレーナーの相原でした。




Body Leapパーソナルジムは

岡崎市にあるパーソナルトレーニングジムです!

無料カウンセリング、体験トレーニングを行っておりますので ぜひ一度お気軽にお越し下さい!



岡崎・幸田・安城・西尾・蒲郡

三河地区にお住まいで

・身体をかっこよく、美しく引き締めたい

・ダイエットジムを探しているけど、どこがいいの?

一度、Body Leapパーソナルジムへ遊びに来てくださいね!



ダイエット支援Body Leapパーソナルジム

無料カウンセリング受付中!

体験レッスン随時募集!

13台駐車できる広々とした駐車場完備!



愛知県岡崎市緑丘2丁目8-6

代表:相原 勢也

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page