top of page
  • Body Leap 相原

ダイエットでやりがちな糖質制限。これやめて下さい!!

こんにちは!

岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジムの相原です。


今回は、ダイエットでよく見かける糖質制限についてお話ししたいと思います。糖質制限は、糖質を摂らないことで体重を減らそうとするダイエット方法ですが、実は健康や美容にとっても良くない方法なのです。なぜなら、糖質は私たちの体にとって必要不可欠な栄養素だからです。糖質制限のデメリットや、綺麗に引き締まった体を作るための正しいダイエット方法について、詳しく解説していきます。




糖質制限のデメリットとは?

糖質制限をすると、以下のようなデメリットがあります。

  • 体調不良になる

  • 食事が偏る

  • 便秘になる

  • 口臭や体臭がきつくなる

  • お金がかかる

  • リバウンドする



体調不良になる

糖質は、私たちの体の主なエネルギー源です。特に脳は糖質を必要としており、糖質が不足すると集中力や判断力が低下します。糖質制限をすると、糖質が不足して低血糖症になる可能性があります。低血糖症は、頭痛やめまい、だるさやイライラなどの症状を引き起こします。また、糖質制限を長期間続けると、ケトン体という物質が増えて、ケトーシスという状態になります。ケトーシスは、吐き気や倦怠感、筋肉の低下などの症状を引き起こします。さらに、ケトーシスが悪化すると、ケトアシドーシスという重篤な状態になり、呼吸困難や昏睡などの危険な症状を引き起こします。



食事が偏る

糖質制限では、糖質が多く含まれる主食を控える必要があります。しかし、主食には糖質だけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素も含まれています。主食を抜くことで、これらの栄養素の摂取量も減ってしまいます。また、糖質制限によって食事が偏るリスクがあります。糖質を抑える分、肉や魚に含まれるタンパク質や、バターやラードに含まれる脂質などについては制限がありません。しかし、これらの食品はコレステロールや飽和脂肪酸などの摂り過ぎに注意しなければならない成分も含まれています。タンパク質や脂質の過剰摂取は、高血圧や動脈硬化、腎臓の負担などの健康問題を引き起こす可能性があります。



便秘になる

糖質制限では、食物繊維や水分の摂取量が不足しがちになります。食物繊維は、便のかさを増やして腸の動きを促す働きがあります。水分は、便を柔らかくして排出しやすくする働きがあります。食物繊維や水分が不足すると、便が硬くなって便秘になりやすくなります。便秘は、お腹の張りや痛み、肌荒れやニキビ、悪臭などの不快な症状を引き起こします。また、便秘が長期化すると、大腸がんや痔などの重大な病気のリスクも高まります。



口臭や体臭がきつくなる

糖質制限では、糖質の代わりに脂質をエネルギー源として使うことになります。脂質を分解する過程で、ケトン体という物質が生成されます。ケトン体は、尿や汗、息などから排出されますが、その際に独特の臭いを発します。この臭いは、アセトンやアンモニアなどの化学物質に似ており、不快な口臭や体臭の原因になります。また、ケトン体は、体の酸性度を上げることで、口の中の細菌の増殖を促進します。これも、口臭の悪化につながります。



お金がかかる

糖質制限では、糖質が多く含まれる主食を控える代わりに、タンパク質や脂質が多く含まれる食品を多く摂取することになります。しかし、これらの食品は、主食に比べて値段が高い場合が多いです。例えば、白米やパンなどの主食は、100gあたり約10円程度ですが、牛肉やチーズなどのタンパク質や脂質が多い食品は、100gあたり約200円程度です。これは、約20倍の差があることになります。糖質制限をすると、食費が高くなる可能性があります。



リバウンドする

糖質制限は、短期間で体重を減らすことができるダイエット方法ですが、その反面、リバウンドしやすいというデメリットもあります。糖質制限をすると、体内の糖質が減少し、水分量も減少します。これによって、体重が減ることになりますが、これは脂肪が減ったわけではありません。糖質制限をやめて、通常の食事に戻すと、体内の糖質と水分が回復し、体重も元に戻ります。また、糖質制限を長期間続けると、体はエネルギー不足の状態になります。これによって、基礎代謝が低下し、脂肪が燃えやすくなります。これによって、糖質制限をやめたときに、食べたものがすぐに脂肪として蓄積されやすくなります。これが、リバウンドの原因になります。




綺麗に引き締まった体を作るための正しいダイエット方法とは?

糖質制限のデメリットを知ったところで、では、どうすれば綺麗に引き締まった体を作ることができるのでしょうか?答えは簡単です。バランスの良い食事と適度な運動をすることです。バランスの良い食事とは、糖質やタンパク質、脂質などの三大栄養素だけでなく、ビタミンやミネラル、食物繊維などの微量栄養素も含まれた食事のことです。適度な運動とは、自分の体力や目標に合わせた運動のことです。バランスの良い食事と適度な運動をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 健康になる

  • 美容になる

  • 気分が良くなる

  • お金が節約できる

  • リバウンドしにくくなる



健康になる

バランスの良い食事と適度な運動をすることで、体に必要な栄養素やエネルギーを摂取することができます。これによって、体調不良や病気の予防につながります。また、運動をすることで、血液の循環や代謝が良くなり、免疫力や筋力も向上します。これによって、体が強くなり、疲れにくくなります。



美容になる

バランスの良い食事と適度な運動をすることで、体の内側から美しくなることができます。食事によって、肌や髪、爪などの美容に必要な栄養素を摂取することができます。これによって、肌荒れやニキビ、シワなどのトラブルを防ぐことができます。また、運動によって、筋肉を鍛えることができます。これによって、体のラインや姿勢が美しくなります。



気分が良くなる

バランスの良い食事と適度な運動をすることで、気分が良くなることができます。食事によって、脳に影響する栄養素を摂取することができます。例えば、糖質は、セロトニンという神経伝達物質の原料になります。セロトニンは、リラックスや幸福感をもたらす働きがあります。また、運動によって、エンドルフィンというホルモンが分泌されます。エンドルフィンは、快感や安心感をもたらす働きがあります。これらの物質によって、ストレスや不安、憂鬱などの感情を和らげることができます。



お金が節約できる

バランスの良い食事と適度な運動をすることで、お金が節約できることがあります。食事によって、主食や野菜、果物などの安価で栄養価の高い食品を摂取することができます。これによって、肉やチーズなどの高価で栄養価の低い食品を減らすことができます。また、運動によって、自分の体重や体脂肪率を管理することができます。これによって、ダイエットサプリメントやエステなどの費用を減らすことができます。



リバウンドしにくくなる

バランスの良い食事と適度な運動をすることで、リバウンドしにくくなることができます。食事によって、体に必要なエネルギーを摂取することができます。これによって、エネルギー不足による食欲の増加や代謝の低下を防ぐことができます。また、運動によって、筋肉量を増やすことができます。筋肉量が多いほど、基礎代謝が高くなり、脂肪が燃えやすくなります。これによって、食べたものが脂肪として蓄積されにくくなります。




岡崎市のBody Leapパーソナルジムで理想の体を手に入れよう

以上のように、糖質制限は、健康や美容にとっても良くないダイエット方法です。綺麗に引き締まった体を作るためには、バランスの良い食事と適度な運動が必要です。しかし、一人で食事や運動を管理するのは、なかなか難しいものです。そこで、おすすめなのが、岡崎市のBody Leapパーソナルジムです。Body Leapパーソナルジムでは、プロのトレーナーがあなたの目標や体質に合わせた食事や運動のプランを作成してくれます。また、トレーナーがあなたの動きや姿勢を正しく指導してくれるので、効果的に筋肉を鍛えることができます。さらに、トレーナーがあなたのモチベーションを高めてくれるので、ダイエットを続けることができます。Body Leapパーソナルジムでは、女性に向けたプログラムも用意しています。女性の悩みや特徴に合わせた食事や運動のプランを作成してくれます。また、女性専用の空間や設備も完備しています。Body Leapパーソナルジムで、理想の体を手に入れましょう!





岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジム

代表トレーナーの相原でした。



Body Leapパーソナルジムは

岡崎市にあるパーソナルトレーニングジムです!

無料カウンセリング、体験トレーニングを行っておりますので

ぜひ一度お気軽にお越し下さい!



岡崎・幸田・安城・西尾・蒲郡 三河地区にお住まいで

・身体をかっこよく、美しく引き締めたい

・ダイエットジムを探しているけど、どこがいいの?

一度、Body Leapパーソナルジムへ遊びに来てくださいね!


ダイエット支援Body Leapパーソナルジム

無料カウンセリング受付中! 体験レッスン随時募集!

13台駐車できる広々とした駐車場完備!

愛知県岡崎市緑丘2丁目8-6

代表:相原 勢也

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page