top of page
  • Body Leap 相原

思ったより痩せてない原因特集

こんにちは!

岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジムの相原です。



ダイエットをしているのに、思ったより痩せてないと感じることはありませんか?もしかしたら、あなたのダイエットには隠れた落とし穴があるかもしれません。この記事では、思ったより痩せてない原因とその対策をご紹介します。




原因1:食事の量や質が適切でない

ダイエットの基本は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、余分なエネルギーは脂肪として蓄積されます。逆に、摂取カロリーが消費カロリーを下回ると、脂肪が分解されてエネルギーに変わります。つまり、痩せるためには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、あるいは両方を行う必要があります。

しかし、摂取カロリーを減らすだけでは、痩せにくくなる可能性があります。なぜなら、カロリーが不足すると、体はエネルギーを節約するために基礎代謝を下げるからです。基礎代謝とは、安静時に消費されるカロリーのことで、体重や筋肉量によって決まります。基礎代謝が下がると、消費カロリーも減ります。その結果、同じ量の食事をしていても、痩せにくくなります。

また、食事の質も重要です。カロリーだけでなく、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素も必要です。タンパク質は筋肉の材料になります。筋肉量が増えると、基礎代謝も上がります。ビタミンやミネラルは、新陳代謝や免疫力を高める働きがあります。新陳代謝が高まると、エネルギーの消費も増えます。免疫力が高まると、病気にかかりにくくなります。病気になると、食欲が低下したり、運動ができなくなったりして、ダイエットに悪影響を及ぼします。



対策1:食事の量や質を見直す

食事の量や質を見直すためには、以下のことに注意しましょう。

  • 摂取カロリーは自分の消費カロリーに合わせて調整する。消費カロリーは年齢や性別、体重や身長、運動量などによって異なります。自分の消費カロリーを知るには、専門家に相談するか、オンラインで計算できるサイトを利用すると便利です。

  • 摂取カロリーを減らす場合は、一日に500kcal程度の減量を目安にする。一日に1000kcal以上の減量は、基礎代謝を下げる危険性があります。また、一気に食事量を減らすと、空腹感やストレスが強くなります。少しずつ食事量を減らしていくと、体も心も慣れていきます。

  • 食事の質は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。特にタンパク質は、一日に体重の1g程度を目安に摂ることが推奨されます。タンパク質が豊富な食品は、肉や魚、卵や乳製品、大豆製品などです。ビタミンやミネラルが豊富な食品は、野菜や果物、海藻やきのこなどです。これらの食品を毎日3食に分けて摂るようにしましょう。

  • 食事の回数は、自分のライフスタイルに合わせて決めましょう。一般的には、3食きちんと食べることが望ましいとされます。しかし、朝食が苦手な人や夜勤などで生活リズムが乱れている人は、無理に3食食べる必要はありません。その場合は、2食でも栄養バランスを考えて食べるようにしましょう。また、間食は控えるか、低カロリーで栄養価の高いものを選びましょう。例えば、ナッツやチーズ、ヨーグルトやフルーツなどです。



原因2:運動の量や質が適切でない

ダイエットには運動も欠かせません。運動は消費カロリーを増やすだけでなく、筋肉量を増やしたり、血液循環や代謝を改善したりする効果もあります。しかし、運動の量や質が適切でないと、思ったより痩せてない原因になる可能性があります。

例えば、運動量が不足している場合は、消費カロリーが少なくなります。一方、運動量が過剰になる場合は、筋肉が破壊されたり、食欲が増したりする危険性があります。また、運動の質が低い場合は、効率的に脂肪を燃焼できません。例えば、同じ時間だけ歩くとしても、速度や傾斜によって消費カロリーは変わります。また、同じ種類の運動ばかりすると、体が慣れてしまって効果が減少します。



対策2:運動の量や質を見直す

運動の量や質を見直すためには、以下のことに注意しましょう。

  • 運動量は自分の体力や目標に合わせて調整する。一般的には、一日に30分以上の有酸素運動を行うことが推奨されます。有酸素運動とは、心拍数が上がり、呼吸が速くなるような運動のことで、例えば、ウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳などです。運動量が少ない人は、まず10分から始めて、徐々に時間を増やしていきましょう。運動量が多い人は、週に1日は休息日を設けて、筋肉の回復を促しましょう。

  • 運動の質は、強度や種類を変えることで高めることができます。強度とは、運動中の心拍数の高さのことで、一般的には最大心拍数の60~80%程度が効果的です。最大心拍数とは、年齢から220を引いた値のことで、例えば、40歳の人の最大心拍数は180です。強度を変える方法としては、インターバルトレーニングがおすすめです。インターバルトレーニングとは、高強度と低強度を交互に繰り返す運動法のことで、例えば、ジョギング中にスプリントを挟んだり、サイクリング中にペダルを強くこいだりすることです。インターバルトレーニングは、短時間で高い効果が得られるというメリットがあります。

  • 運動の種類は、有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングやストレッチも取り入れることが大切です。筋力トレーニングとは、筋肉に負荷をかけるような運動のことで、例えば、腕立て伏せやスクワット、ダンベルやバンドを使った運動などです。筋力トレーニングは、筋肉量を増やして基礎代謝を上げる効果があります。また、姿勢を改善したり、関節の可動域を広げたりする効果もあります。筋力トレーニングは、週に2~3回、各部位につき8~12回の反復を2~3セット行うのが目安です。ストレッチとは、筋肉や靭帯を伸ばすような運動のことで、例えば、体の各部位をゆっくりと曲げたり伸ばしたりすることです。ストレッチは、血液循環や代謝を改善する効果があります。また、筋肉の緊張やコリをほぐしたり、柔軟性やバランス感覚を高めたりする効果もあります。ストレッチは、運動前後に行うのがおすすめです。運動前には、体を温めて怪我を防ぐために、軽く動かしながら行いましょう。運動後には、筋肉の回復を促すために、ゆっくりと深呼吸しながら行いましょう。



原因3:睡眠の量や質が適切でない

ダイエットには睡眠も重要です。睡眠は体や心の回復に必要な時間です。睡眠中には、成長ホルモンやメラトニンなどのホルモンが分泌されます。これらのホルモンは、筋肉や骨の成長を促したり、免疫力を高めたり、ストレスを軽減したりする働きがあります。しかし、睡眠の量や質が適切でないと、思ったより痩せてない原因になる可能性があります。

例えば、睡眠時間が不足している場合は、成長ホルモンやメラトニンの分泌が低下します。その結果、筋肉や骨の成長が阻害されたり、免疫力が低下したり、ストレスが増加したりします。また、睡眠不足は、食欲を増やすグレリンというホルモンの分泌を増やし、満腹感を感じさせるレプチンというホルモンの分泌を減らします。その結果、食べ過ぎや間食の誘惑に負けやすくなります。

また、睡眠の質が低い場合は、睡眠サイクルが乱れます。睡眠サイクルとは、浅い眠りから深い眠り、そしてレム睡眠と呼ばれる夢を見る眠りに移行する周期のことです。一般的には、90分程度で一サイクルを繰り返します。睡眠サイクルが乱れると、睡眠の効果が低下します。また、睡眠の質が低いと、翌日の気分や集中力にも影響します。



対策3:睡眠の量や質を見直す

睡眠の量や質を見直すためには、以下のことに注意しましょう。

  • 睡眠時間は自分の体調や生活習慣に合わせて決めましょう。一般的には、成人の場合は一日に6~8時間程度の睡眠が必要とされます。しかし、個人差がありますので、自分にとって最適な睡眠時間を見つけることが大切です。睡眠時間が不足しているかどうかは、翌日の目覚めや昼間の眠気などで判断できます。目覚めがスッキリしていて、昼間も眠くならない場合は、睡眠時間が適切です。逆に、目覚めが悪くて、昼間も眠気を感じる場合は、睡眠時間が不足しています。

  • 睡眠の質は、睡眠環境や生活習慣を改善することで高めることができます。睡眠環境とは、寝室の温度や湿度、明るさや音などのことです。一般的には、寝室は暗くて静かで、快適な温度と湿度に保つことが望ましいとされます。寝具や枕も自分に合ったものを選びましょう。生活習慣とは、就寝前や起床後の行動や食事などのことです。就寝前には、刺激的な飲食や運動、テレビやスマホなどの画面を見ることを控えましょう。これらは、神経を興奮させたり、メラトニンの分泌を妨げたりするため、睡眠の質を低下させます。逆に、就寝前には、リラックスできる音楽や読書、入浴などを行うと良いでしょう。これらは、神経を落ち着かせたり、メラトニンの分泌を促進したりするため、睡眠の質を高めます。起床後には、太陽の光を浴びたり、軽いストレッチや運動を行ったりしましょう。これらは、体内時計をリセットしたり、目覚めを良くしたりする効果があります。



まとめ

ダイエットをしているのに、思ったより痩せてないと感じることはありませんか?もしかしたら、あなたのダイエットには隠れた落とし穴があるかもしれません。この記事では、思ったより痩せてない原因とその対策をご紹介しました。それは、以下の3つでした。

  • 食事の量や質が適切でない

  • 運動の量や質が適切でない

  • 睡眠の量や質が適切でない

これらの原因と対策を理解して、自分に合ったダイエット法を見つけてみましょう。ダイエットは一朝一夕には成功しません。長期的に続けられることが大切です。無理せずに、自分のペースで進めていきましょう。あなたのダイエットが成功することを応援しています。





岡崎市パーソナルトレーニングジム

Body Leapパーソナルジム 代表トレーナーの相原でした。



Body Leapパーソナルジムは

岡崎市にあるパーソナルトレーニングジムです!

無料カウンセリング、体験トレーニングを行っておりますので ぜひ一度お気軽にお越し下さい!



岡崎・幸田・安城・西尾・蒲郡

三河地区にお住まいで

・身体をかっこよく、美しく引き締めたい

・ダイエットジムを探しているけど、どこがいいの?

一度、Body Leapパーソナルジムへ遊びに来てくださいね!


ダイエット支援Body Leapパーソナルジム

無料カウンセリング受付中!

体験レッスン随時募集!

13台駐車できる広々とした駐車場完備!



愛知県岡崎市緑丘2丁目8-6

お問い合わせ:info@body-leap.com

代表:相原 勢也

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page